2006年07月20日

保村大和プロデュース公演「天国に一番近い地下室」

保村大和プロデュース公演「天国に一番近い地下室」@青の奇蹟
観劇日:7月2日

「青の奇蹟」という、普段はカウンター付きの居酒屋さんであるスペースをうまく使った芝居。
ストーリーは、「天国に一番近い地下室」というタイトルにとっても忠実でした。
人がよくってすぐだまされる夢追い系ダメ男と、
そんな男にかつては惚れていたけど、今は別れたくってしょうがないと思っているその妻。
保村さんって、こういう女の尻にしかれがちなダメ男が似合う・・・気がする。
「天国」が表している通り、「死」に隣接した話なのに、
全体的に軽めで笑い多め。

えーと、こう書くとアレなんだけど、
青の奇蹟で上演する芝居にしては、かなりリラックスして見られました。
posted by sioninkaori at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 観た<芝居・映画> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。