2006年11月19日

誰もいない箱庭で

〜接骨院にて〜
鍼の件があって、けっこう仲の良かった先生とはほとんど目も合わせない感じ・・・
こういうとき、向こうは
「あの女、ウゼー」と思ってるか、「あー嫌われちゃったかな・・・(T_T)」って思ってるか。
絶対前者って思う。
それは先方のキャラうんぬんじゃなくて、そう思った方が自分、私にとって安全側だから。  

とかかんとか書いてて、感じた違和感。
ブログで人のこと書くのは珍しい。
こんなにブログが興隆する前から、webに日記めいた文章を書くようになって何気に10年近く経ってる。
その間、知人バレのトラブルって何回かあった。
自分が恥ずかしいやら嫌な思いをするやらはまだいい方で、
例えば私がAさんのことを書いてることがBさんにバレた場合とかがめんどうというか、
経験的に最大の失敗だった。
当然日記には私の目を通したAさんを書いてるわけで、
それはつまりAさんが私に対して見せたい自己イメージが投影されたものになるわけで、
それがBさんに対してはAさんが見せたくない顔だったりしたら、
やっぱりAさんに対してすごく悪いことしたなーって思う。ってか思った。

で。
基本的にブログには人のことって書かない。
自分のブログを読み返す時、パソコンのブラウザはまるで私一人だけの箱庭みたいだって思うし、
それがけっこう気に入ってる。

初代「牧場物語」
スーファミ版だったかな。それともほんとに初代ファミコン版だったかな。
夜になるとBGMが消えてしまうの。
で、「しゅたしゅたしゅた」っていう自分の足音だけが聞こえる。
オキニのおねーちゃん達のいる商店も閉まっていて、グレーの世界に自分だけ。
「しゅたしゅたしゅた」
その空気が気に入って、私はよく夜の街や畑を走ってた。「牧場物語」の中で。それもまた一興。
posted by sioninkaori at 02:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27777151

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。