2007年05月12日

劇団道学先生 『あたらしいバカをうごかせるのは ふるいバカじゃないだろう』

劇団道学先生 『あたらしいバカをうごかせるのは ふるいバカじゃないだろう』観劇 (H19/5/5 マチネ)
フォークソング全盛時代、ちょっと壊れた、でも人情味あるフォークソングバカたちの話。
私、フォークソングまったく好きじゃないし、そもそもこの芝居のタイトルも趣味に合わない。
ただただ、保村大和さんが出るなら・・・って感じで観に行ったら、かなり面白かった。
すごい上から目線だけど、役者さんが身の丈にあった役を演じてて、いい感じのリアルさが出てたっていうか。
「夢と挫折とそれでも夢を」みたいな話だから、かなり青臭い台詞も多くって、そういうの、たいてい鼻につくだけの青臭さになりがちなのが、そうはならずに、けっこう胸にきた。
観終わったあと、心地よい気分になれました。
posted by sioninkaori at 02:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観た<芝居・映画> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41565967

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。